banner.png
 小児歯科とは 

お子さんにとってはじめての歯医者さんは、「お子様のお口の健康を一生左右する」と言っても過言ではありません。子供の歯はエナメル質が柔らかいためにむし歯になりやく、早期発見・早期治療が重要になります。その早期発見のためにも定期的な歯科検診が必要になりますが、子どもの頃に歯医者さんに通うのが嫌になると、大人になっても歯科医院は通いづらく感じてしまいます。小さなお子さんにとっては、「歯医者さんへ行く」ということは大変大きなストレスになるのです。
当院ではお子さんが楽しく歯医者さんに通院できるよう、キッズルーム、完全個室の診療スペースなどの設備を整え、お子さんも親御さんも、リラックスして治療を受けられる工夫を行っております。

medical3_img_01.jpg
medical3_img_02.jpg

​もし乳歯がむし歯になったら

乳歯には、丈夫な永久歯が生えるための準備をしたり、永久歯を正しい位置に導くといった役割があります。また、あごの骨の成長や知能の発達、正常な咬み合わせにも影響を及ぼしています。むし歯は感染症なので人から人へうつる病気です。むし歯の乳歯があるお口に、抵抗力の弱い新しい永久歯が生えてくると…当然、永久歯もむし歯になるリスクは高まります。
また、むし歯の乳歯があることで、歯並びが悪くなったり上手にモノが噛めなくなり、あごの骨の成長や知能の発達に影響が出てきてしまうのです。
つまり乳歯だからといってむし歯になっても問題ないとは言えないのです。

staff_bg_02.png
medical3_img_03.jpg

​フッ素塗布

生えたての乳歯はむし歯に対する抵抗性が低く、一度むし歯になると永久歯よりも速いスピードでむし歯が大きくなります。フッ素塗布は歯質を強化し、むし歯になりづらい歯を作ります。永久歯の生えた直後に塗るのも効果的です。

1施術 1,000円(税抜)

治療回数:2

staff_bg_02.png
medical3_img_04.jpg

​シーラント

奥歯の溝はむし歯になりずらい場所の一つです。 シーラントは歯を削らず、フッ素を徐々に開放する詰め物で予め溝を埋める予防処置です。通常、シーラント行う前に溝を酸処理しますが当医院のシーラントは歯を痛める溝への酸処理を行わないシーラントを使用します。

小児予防矯正とは

​プレオルソを使った小児矯正

最近顎が小さくなり、永久歯が生える頃に歯並びが悪くなる子が増えています。また、お口を「ポカーン」と開けて、口呼吸をしている子も増えており、そのことが歯並び、風邪ををひきやすいなどの健康に悪影響を与えていることをご存知でしょうか?

当院では「プレオルソ」というマウスピース型の矯正装置を用い、お口の周り、舌の筋肉をトレーニングすることで、子供の頃に歯並びをより良い方向に導くとともに、健やかに成長していくための治療を行っております。

​詳しくはお問い合わせいただき、初回のカウンセリングをお受けください。

​◎適応年齢 4歳~9歳前後

・​治療費 初回 70,000円 + 消費税

・交換費 15,000円 + 消費税

※装置の劣化により、最低でも年に1回交換が必要です。

・プレオルソ調整費 3,000円 + 消費税

a_large.jpg
preoX_naname.png
preoX_photo_preko_reo.png

床矯正装置を使った小児矯正

​◎適応年齢 4歳~12歳前後

プレオルソを利用した治療は非常に有効ですが、プレオルソに設定された「枠」の中に、
萌出している歯が入らなければ効果を発揮しません。
プレオルソの「枠内」に入らないような場所に歯が萌出している場合や、永久歯がほぼ出揃っているような年齢には床矯正装置が必要になります。

 

・​治療費 初回 250,000円 + 消費税

(床矯正装置のみでの治療、もしくはプレオルソを併用した場合の料金です。
プレオルソの初回費用も含まれた値段です。プレオルソ併用の場合、交換費は発生します。)